ワキガ対策の裏ワザ

ワキガ対策は冬が勝負!臭い対策のちょっとしたコツ

冬のワキガ対策Hebe Aguilera
スポンサードリンク

冬―。
厚着が出来る冬は夏ほど臭いに気をつけなくてもいいかな・・・?
そんな風に考えがちですが、実は冬はワキガ保有者にとっては最も危険な季節と言えます。

蒸れる汗!こもる臭い!繁殖する雑菌!

ワキガ菌(コリネバクテリウム等)は、アポクリン腺から分泌される汗が大好物。
これを分解することであの独特のワキガ臭が発生するというのは当サイトでも何度かお伝えしています。

冬。
私達は厚着をします。
こうすると、ワキの下では一体何が起きるでしょう。

そう、「蒸れ」です。
夏の薄着の状態であれば、汗はほとんどこもることなく、どんどん蒸発していきます。
なので、夏のワキガ臭というのは実は軽度で済むことが多いのです。

しかし、冬はそうはいきません。
南国在住か、はたまた相当寒さに強い方でもない限りさすがに
「半そで」や「ノースリーブ」で過ごす事はできません。

大体数枚重ね着します。
そうすると、ワキから分泌された汗は蒸発できずに、その場に留まる「蒸れ」が起こります。

これをワキガ菌が見逃すはずはありません。
ワキ汗を片っ端からせっせせっせと分解していきます。

こうして臭い成分が発生するのです。

でも、汗と同様、臭いも出口をなくしてしばらくは重ね着した衣類の中にこもります。
この臭いがいつ出てくるのか。
それはある「身動き」をした時が一番危険です。

しゃがみ込みに注意!ワキガ臭が一気に放出されます

冬のワキガ臭対策
Jack Wu’s Photos ?泊峻

こもりにこもったワキガ臭が一番放出されやすい動き。
それは
「しゃがみ込んだとき」です。

下から上へと押し出された空気が襟元から一気に押し出されます。

しゃがむという行動は案外、無意識に行ってしまいます。
冬のこの行動には注意が必要です。

とはいえ、しゃがみ込まなければならないシチュエーションもきっとあることでしょう。
その時には

できるだけ側に人がいない場所で、静かにしゃがみ込みます。

これにより、臭いが一気に放出されずにゆっくりと出てくるため、
ワキガ臭に気づかれにくくなります。

ニットの直着は絶対キケン!!

ワキガとニット、特にアクリル系のニットは特に相性が悪いです。
アクリルニットは繊維がつるつるしており、汗を吸い取りにくい形状をしています。
よって、アクリルニットの繊維にはアポクリン腺のベタついた汗が付着している状態。

その繊維に絡みついた汗にワキガ菌が増殖します。
汗が蒸発しにくい上にワキガ菌が増殖しやすいニット系は
必ず下着など吸汗性に優れた素材の上に着用するようにします。

できれば吸汗用の下着は「抗菌作用」のあるものが効果的です。
ヒートテックなどの温かさを売りにした高機能下着の場合も、蒸れやすいものが多いです。
汗をしっかり吸う素材(綿)が使われているのかどうかを確認してから購入しましょう。

どうしたらいい?冬のワキガ対策

冬のワキガ臭対策もまた基本的には一緒です。

しっかりしたデオドラントを使って消臭する

これが基本です。



ただし、冬だからこそ強化したいワキガケアもあります。

衣類の臭いケアを

冬のワキガ対策
???G-Dragon

ある特定の衣類を身につけた時だけ、いつも以上にワキガ臭がひどくなる・・・。
そんな経験はありませんか?

それはワキガ菌がその衣類に染み付いてしまった状態です。
また、臭いの原因となるアポクリン腺からの汗の成分である脂質やタンパク質もその繊維に絡み付いている可能性も。

こうなるとなかなかその臭いを断ち切ることができません。
通常の洗濯ではもちろん、煮洗いをしたり、漂白につけても落ちないことも多いです。

あとは処分するしかありません・・・(´・ω・`)
お気に入りの洋服がワキガ臭のせいで処分することになるなんて、考えただけで憂鬱です。

それに冬に着る服というのは下着以外、あまり頻繁に洗濯しないことが多いです。
この場合、さらにワキガ菌の付着が心配です。

こうならないために冬場は「衣類のデオドラント」を強化することをおすすめします。

軽いワキガであれば無香料タイプのファブリーズなども効果的だと聞きます。

しかし、私のような中等度~強度のワキガの場合、ファイブリーズとの相性が悪く、
臭いの変化球が起こるだけでなく、さらに臭いがキツくなるという惨事を招くことも。

おすすめは、ヌーラのような体臭をしっかりカットしてくれるような衣類のデオドラントです。



私は夏冬関係なく、ヌーラを愛用しています。
おかげで衣類にワキガ臭が移るということはなくなりました。

ですが、ヌーラに出会うまでは幾度となくお気に入りの洋服を捨ててきました。
対策が分からなかったんです。

この効果はぜひ体験してみてほしいと思います。

相性のいい香水を使ってみる

ワキガを他の香りでごまかすのはタブーとされてきましたが、そうとは言い切れません。
ワキガと相性のいい香水というのも世の中にはあります。

そもそも香水は体臭の強い白色人種が生み出したもの。
ワキガと相性がいいのがあって当然です。

香水を使うコツをいくつかまとめますね。

1.日本人は臭いに敏感なので、
香水をつける量はごくわずかにとどめます。

2.デオドラントした上で使います。
ワキガが多少臭って香水と混じって効果的にするためにはデオドラントの併用がおすすめです。

3.トップよりもミドルノートを意識する。
香水にはつけたてのトップノート、つけてから20分~2時間ほど経過したミドルノートがあります。
香水の種類にもよりますが、ミドルノートのタイミングでワキガと相性のよくなる香水が多いように思います。

出かける20分前には香水をつける―。
この習慣をおすすめします。

ワキガと相性のよい香水については以下にまとめていますので参考にしてみてください。
ワキガは異性を惹きつけるフェロモンの名残りだった?!


冬のワキガとの付き合い方。
少しでもコツを掴んで快適な冬を過ごせる事を願っています。

HOMEに戻る