ワキガ対策の裏ワザ

わきがはいつ発症する?わきが初期の対策は?

わきがはいつから発症する?

気になるワキガの臭い。
でも、実は生まれた時からその臭いがしていたわけではありません。

子供の頃はワキガ体質であっても、臭いは出ません。
通常、思春期頃からワキガ臭がでやすくなると言われています。

体の変化とワキガの発生メカニズム

ワキガ体質というのは遺伝です。
片方の親がワキガであれば、50%の確率で、両親ともにワキガであれば80%の確率で子供もワキガになります。
ワキガの遺伝の仕組み2ワキガ遺伝の仕方

ですが、子供の頃からワキガ臭がするわけではありません。

ワキガ臭はアポクリン腺という汗腺が活発に活動し始めるようになる思春期頃から臭いが出やすくなると考えられています。

思春期前に知りたい!ワキガ体質か否か

基本的にはワキガ臭を感じてはじめて「ワキガ」だと分かるものです。
それ以前にワキガかどうかを確実に知るのは残念ながら難しいです。

ですが、ある程度は予測をつけられる方法があります。

それは「耳垢の質」です。
ワキガ体質の子は比較的子供の頃から、耳垢がどろっとしています。
それに対して、非ワキガ体質の子は耳垢がかさかさとしています。

この耳垢の違いによって、ある程度ワキガかどうかの予測は立てられると思います。

臭いが出る前にワキガを治してしまうことは出来る?

美容外科では親御さんの子供のワキガを治したいというニーズに応えるため、子供のワキガ治療プランなどもあります。
しかし、発症前となると治療はなかなか難しいです。

必ずワキガになるという保証はできません。
また、思春期以前は成長過程で言えば、「第二次成長期」の手前。
アポクリン腺はこの第二次成長期で一気に成長、活発化します。
そのため、これ以前に治療をしても、アポクリン腺が再び再生してしまう可能性があります。

せっかく痛い思いをして手術をしたのに、再発してしまうリスクが大きい。
なので、思春期以前の治療はあまりおすすめできません。

何だか臭いが・・・?ワキガかもと気がついたらできること

自分の臭いが気になる・・・というのは思春期の頃はよくあること。
これが必ずしもワキガかどうかは自分自身の判断だけでは難しいと思います。

まず、この臭いがワキガどうか確かめる必要があります。

1.血縁関係者にワキガの方はいますか?

お父さん、お母さんのどちらかがワキガの場合はその確率は50%。
今感じている臭いがワキガである可能性はあります。

両親ではなくても、血縁関係者の中にワキガの方がいれば少なからずワキガ体質である可能性があります。

2.耳垢は湿っていますか?

耳垢が湿っていたら100%ワキガだとはいえませんが、ワキガの可能性は高くなります。

3.臭いに左右差はありますか?

左右のワキの下をティッシュで同じ回数こすって、密閉袋に入れて1分したら嗅いでみてください。
臭いはありますか?
左右差はありますか?

通常の汗臭はあまり左右差がでません。
しかし、ワキガ臭は左右差があることが多いです。

ワキガの特徴として、「利き手側の臭いが強くなる」という傾向があります。
これは、よく動かす利き手の方が、血管が発達し、栄養が行き届きやすいため、アポクリン腺の成長も促されるためと考えられています。

4.白いTシャツのワキの部分が黄ばんだりしますか?

アポクリン腺から分泌される汗は、タンパク質や脂質などが含まれており、ややベタつきがあります。
これにより、衣類に付着すると黄色く見えることが。
黄ばみはアポクリン腺が活発に活動していることを示す、一つの目安になります。

ワキガ初期~おすすめの対策は?

ワキガだと分かったら、今度は自分にあった対策を見つけていくのが大切です。

例えワキガ体質だとしても、臭いさえでなければワキガ体質は怖いものではありません。
自分はどんなワキガ臭の持ち主で、どんな対策が効果的なのかの模索を始めます。

まずはデオドラントを使ってみよう

カナダでは、小さい頃から入浴とデオドラントはセットで子供に教える習慣があるそうです。
私達はあまり体臭のない人種。
そのため、臭いケアについてはほとんど学ぶ機会がありません。

入浴と同じように、小さい頃から染み付いている習慣であれば、面倒に感じないかもしれませんね。

まずは臭いケアを習慣化していきます。

スプレータイプはワキの皮膚に負担になることも

ドラッグストアなどで販売している制汗スプレーは、やりすぎると肌への負担が大きくなり、黒ずみなどの原因に。
理由はスプレー内に入っている液体が一気に気体になることで発生する気化熱の影響。
制汗スプレーをスプレーすると冷たく感じますよね。
あれは、皮膚の熱を一気に奪うことで冷却するためです。

使用方法を間違えると、凍傷を起こすほど。

また、制汗スプレーには持続性がありません。
ワキガの臭いを抑制するほどのパワーもありません。

そのため、すぐに臭い戻りが起こり、結果頻繁にスプレーをしてしまうということも。
制汗スプレーの過剰使用は皮膚に凍傷を起こす可能性もあります。

そのような点からも、制汗スプレーはおすすめできません。

ではどんなデオドラントを選ぶべきか

海外のデオドラントのほとんどはクリームタイプ。
その方が効果が持続するからです。

日本人と違い、白人は約80%が、黒人は100%がワキガ体質。
デオドラントも強めのものが多いです。

しかし、デオドラントに慣れていない日本人には少々刺激の強いものが多く、特に思春期前後の不安定な肌にはおすすめできません。

日本人向けに作られたデオドラントクリームでも優秀なものはあります。
子供にも安心して使えるものもあるので、筆者がおすすめだと思うものをご紹介します。

おすすめ!効果が高く安心して使えるデオドラントクリーム

全ての年齢に使える高機能デオドラントクリーム「クリアネオ」

クリアネオ 商品画像

henkinhosyoukokusanmutenkarankingteisigekiPrivacy

永久保証制度でいつでも全額返金保証!
菌を徹底殺菌する「イソプロピルメチルフェノール」と汗を抑える「パラフェノールスルホン酸亜鉛」のダブルのチカラで臭い除去。
天然植物成分7種も配合し、抑臭&制汗。
子供でも使えるほど低刺激で、長期間の使用も安心。

体験レビュー もっと詳しく 公式サイト

予防的にも発生してしまった臭いにも効果を発揮するのがこの「クリアネオ」です。
最も、効果的に使用するのであれば入浴後すぐに塗布するのが一番。

制汗作用もあるので、ワキの下がいつまでもサラサラとして使い心地もバツグン。
色々と試してきた筆者ですが、このデオドラントクリームはイチオシです。