ワキガ対策の裏ワザ

剪除法は保険適用が可能な手術療法です【ワキガ治療】


スポンサードリンク

○この記事は約6分で読めます。

健康保険が使えるワキガ治療と聞いたけど、一体どんな治療なの?


剪除法はどのような治療法か

ワキガの治療において、一般的に保険適用で行われるのがこの「剪除法」です。
この治療法は、脇の下を3~5cmほど切開し、アポクリン腺を医師が肉眼で目視しながら一つ一つ切除していく方法になります。

【剪除法の手術の流れ】
①ワキの下にアポクリン腺がある場所より一回り大きくマーキングし、麻酔。中心部を3~5cm切開する。
②術者(医師)が指などで切開部分から皮膚を反転させながらアポクリン腺を目視しながら切除していく。
③アポクリン腺を切除したら、縫合する。
④浮腫みを予防し、傷がしっかりとくっつくようにスポンジなどを当てて包帯できつく圧迫固定する。

剪除法のメリット

■健康保険が適用となる(場合がある)
剪除法のメリットはなんといっても「健康保険が適用となる」こと。
ワキガは病気ではないため、多くの治療法は美容目的と捉えられ、自由診療の枠で治療されることが多く高額です。
しかし、剪除法の場合は保険が認められているため、通常両脇で4~5万円程度。
数十万円もする他のワキガ治療と比較すると受けやすいと思います。

■再発リスクが低い
医師が肉眼で確認しながらアポクリン腺を一つ一つ取り除いていきます。
思春期以降の場合、アポクリン腺が再生する可能性は低く、再発率が低いのです。


剪除法なら誰でも、どこの病院でも健康保険が使えるのかしら?


実は誰もが、そしてどこの病院・クリニックでも健康保険が適用になるわけではありません。

剪除法を健康保険を使って受けるには必ず確認しなければならないことがいくつかあります。

1.医師により「腋臭症」であると診断されること。
自臭症という疾患があります。
実際には臭っていないのに、自分では「臭い」と感じてしまう病気のことです。
メンタルな疾患とされています。

このように、どんなに自分がワキガだと思い込んでいても、医師により「腋臭症(わきが)」の診断がつかない限り、剪除法は受けることができません。

2.病院・クリニックが保険診療を認めている場合に限る。

民間の病院やクリニックの場合、美容目的の要素が強かったり、採算性のを高めるために自由診療のみ診療形態の場合もあります。
その場合には同じ剪除法であっても保険適用にはなりません。
必ず、保険適用になるかどうかの確認が必要です。

なお、剪除法であっても保険適用にならない場合には、切開範囲が小さいなど美容の要素が強いという部分もあります。
事前の無料相談でしっかりと確認し、自分がどちらに重心をおくかを今一度考えましょう。

剪除法のデメリット

●傷が残る
剪除法はワキのしわに沿って切開されます。
傷が治ってしまえばぱっと見にはワキのしわと分別出来ない程に落ち着く方もいますが、この傷の治りには個人差があります。

ケロイド体質と呼ばれるような、傷跡が残りやすい体質の方は思った以上に傷跡が目立ってしまうというケースもあります。
どんな傷跡になるかは検索窓に「剪除法 傷跡」と入力してみるとたくさん症例を見ることができます。

クリニックの広告文では「数ヶ月で傷跡が目立たなくなる」と書いてあることがほとんどですが、個人差が大きいという部分は理解しておく必要があります。
また、自分自身は傷が残りやすいのかどうか、過去の怪我の場合などを思い出してみましょう。

●通院が必要になる
通常は術後、3日、1週間、1ヶ月と定期的に受診する必要があります。
特に術後から近い数日では傷の状態を観察したり、炎症や化膿を起こさないように消毒をする必要があります。
そのため、この受診は必要不可欠。
さらに傷の治癒経過に問題がなければ、通常は1週間後に抜糸となります。
このように、切開すると術後に何度か通院が必要となるケースがほとんどです。

●再発リスクゼロではない
剪除法はサキガの再発率が低い治療方法ではありますがゼロではありません。
これはアポクリン腺の切除が完全でない場合などに起こると言われ、医師の技量に左右される部分でもあります。
病院・クリニック選びが重要なのはこの部分からも言えます。

【デメリットのまとめ】
■傷が残る
■通院が必要になる
■再発リスクゼロではない


クリニックを選ぶ時に気をつけるポイント

  • 剪除法の症例数はどの程度ありそうか?
  • 切開・縫合にこだわりはあるのか?
  • 術後のサポートはしっかりしているか?(再発時等)

上記については確認しておくことをおすすめします。
剪除法を自信を持って実践しているクリニックや病院であればHPにしっかりとそのクリニックの方針などを記載しています。
また、無料相談等でも詳しい数字を教えてくれると思います。
受けるのはあなた自身です。
後悔のないように、しっかりと納得した上で治療を選択しましょう。

以下は筆者であるカオルが徹底してクリニック比較をし、「剪除法をするならここ!」とピックアップしたクリニックです。
病院選びの参考にしていただけましたら幸いです。

池袋サンシャイン美容外科



池袋サンシャイン美容外科

直視下反転剪除法を経験豊富な医師が執刀。術後の傷跡も93.6%の方が気にならないと回答


【選ばれる理由】

■直視下反転切除法で一つ一つのアポクリン腺をキレイに切除
「ワキガ治療への敷居を低く」をモットーとし、経験豊富な医師が一つ一つ目視で確認しながらアポクリン腺を取り除く「直視下反転剪除法」で、再発率の少ない(95%以上が臭いは改善~ほぼ改善されたと回答)治療を実践してくれます。

■剪除法を受けた方は5,250円で何度でも腋毛のレーザー脱毛を実施
手術を受けると通常は毛根もダメージを受け、毛が細く、少なくなります。
池袋サンシャイン美容外科では、完全に腋毛をなくしたい方のために、5,250円という価格でその後何度でも腋毛のレーザー脱毛を受けることができます。

(※表はスマホ等では左右にスクロールできます)

(直視下反転)剪除法費用 片ワキ2万円程度~
その他ワキガ治療
内容と費用
●吸引法:83,333円

【口コミ】池袋サイシャイン美容外科・患者様のお声より

手術後の傷跡がとても心配だったのですが、このクリニックは治療後のケアに対してちゃんと用意してあり、安心だと思い選びました。
傷跡治療レーザー(スターラックス)やケロイド予防のお薬や色素沈着をとるお薬などについても詳しい説明があったので安心することができました。
結局、傷跡はとてもきれいで、傷跡治療をする必要はなかったのですが、事前に色々理解してから治療する方が心配せずにすむので良かったです。


色々なクリニックで様々なわきがの治療方法がありよくわからず悩んでいました。池袋サンシャイン美容外科に相談に行ったところ保険適用の手術と自由診療の手術の違いをきちんと説明してくれて分かりやすかったです。
吸引法やボトックスなど、他の治療方法もしっかり説明してくれて、それぞれの治療法のメリットとデメリットをきちんと理解した上で治療方法を選ぶことができました。


kousiki


保険適用でワキガ治療を受けられるのはとても魅力的よね。


保険適用なので安価。さらには再発率が低いという「剪除法」。
体質(傷跡が残りやすいかどうか)にもよりますが、国が認めた治療法という部分でも安心感がありますね。

剪除法以外のワキガ治療法を調べるなら

【ひとめでわかる】ワキガ治療の種類と人気の方法
最新のワキガ治療をまとめました。
切る?切らない?
あなたはどちらを選びますか?

手術をしない派必見!本当に効果のあるデオドラント剤とは

ワキガのタイプ別に選ぶ効果的なデオドラント5選
最近のデオドラント剤、ここまで進化していました・・・!

HOMEに戻る