ワキガ対策の裏ワザ

ポリエステルなどの化学繊維でワキガ臭が悪化するって本当?

ニットやサテン地を着るとワキガ臭

スポンサードリンク


テロテロして大好きなサテン生地。
寒くなったら活躍しそうなざっくりニット。
どれも好きなアイテムなのに着て数時間でワキガ臭がキツくなるんです・・・。


こんなお悩みはありませんか?

私も長い間この「サテン生地やニットを着るとワキガ臭が悪化する」現象のせいで
着たいと思う洋服もずいぶん我慢してきました。

素材によって臭い方が変わる?ワキガ臭の不思議

特定の素材を身につけると、ワキガ臭が強くなる。
これは実はその素材の繊維に秘密があります。

下記はポリエステル(アクリル、サテン生地と類似)系化学繊維とウール(毛)繊維の比較図。
化学繊維
ポリエステルは表面がつるつるとしているのに対し、ウールでは毛の表面にウロコのような毛羽立ち(スケール)が見えます。
このすきまからさらに内側にあるコルテックスという部分へと汗が吸収されます。

しかしポリエステルは水分が入り込む部分がなく、吸水性はほぼありません。

現在は技術の進歩により、ポリエステル糸を加工し表面に吸湿性を備えた繊維も誕生していますが、基本的には水分のみの吸収し、アポクリン腺から分泌される脂質やたんぱく質といった有機物は繊維の表面に残ります。

吸湿性がなく、有機物が繊維表面に張り付く(蒸れた状態)とそこにたくさんのワキガ菌が付着し、有機物の分解が活発になります。

綿のように何でも繊維が吸い取って放散してくれるものだと、ムレが発生しにくくワキガ菌のエサとなる有機物も綿に吸収されるため、必要以上にワキガ菌が活発に働くこともありません。

またポリエステル繊維の表面に付着した脂質やたんぱく質といったワキガ菌のエサは綿や麻と比較して、洗濯でも落ちにくく、臭い残留や、着用後比較的すぐに臭いが発生したり、臭いがキツくなる原因となります。

特にポリエステルの中でも、綿などの天然繊維と混合になりポリエステルの特徴が抑えられているものもあります。
ですが、明らかにツルツル・テロテロとした素材(シルク以外の化学繊維)はワキガ臭が気になる場合には避けるのが無難です。

どうしても着たい時はどうしたらいいの?


ワキガ臭を抑えてポリエステル衣類を着用する方法

どうしても、ポリエステルのツルツルとした素材を着用したい(しなければならない)場合があるかと思います。
ポリエステル繊維は制服であったり、フォーマルな衣類にも多く使われていることもあるからです。
最近の女性のおしゃれ着にもポリエステル素材の特徴を生かしたものも多くなりました。

このような場合におすすめなのが
「ワキ汗パット」を使うことです。
脇汗パット


上記タイプは直接ワキに貼り付けるタイプ。
4層構造の吸収帯がしっかりと汗を吸い取り、外へ逃がしません。
透明フィルムも剥がれにくいタイプで、腕を上下した時にズレることも少ないです。

服に直接貼り付けるものもありますが、なかなか汗をカバーしきれず、カバーをしている場所以外に汗ジミを作ってしまうことも少なくありません。
ノースリーブでなければ、ワキに直接貼り付けるタイプの方が個人的には臭いをカバーし、剥がれにくかったです。

ワキが露出するノースリーブ・・・。
この場合にはどうしたらいいの?


ノースリーブはワキのムレが起こりにくいため、実はワキガ臭が出にくいです。
それでも、袖口などに汗がついてしまえばそこでワキガ菌の汗分解が活発になり、臭い物質も発生。

ノースリーブ用の汗ワキパットもありますが、個人的には効果が実感できませんでした。
パットは見えないように、袖口の5mmほど下に貼り付けるのですが、そのあいた5mmから臭いが発生してしまいます。

ノースリーブの時にはなるべくこまめに汗を拭き取るようにしつつ、
衣類用の防臭スプレーを特に袖口にしっかり噴霧したものを着用するのが効果的です。

寒い季節のもわ~っとしたワキガ臭を抑えるには

寒い冬。
たっぷりと着こんで出かけたら、途中で汗をかいてしまって、その汗が臭う・・・。
そんな経験をされた方というのは少なくないと思います。

ワキガ臭だけではなく、エクリン腺から分泌される普通の汗でも同じようなことが起こります。
この場合はワキガ臭ではなく、すっぱい「汗臭」となります。

そんな冬のこもった汗の臭いを予防するにも防臭スプレーによる臭い対策は効果的です。

ですが、なるべく身近にあるものでなんとかしたい!という場合もありますよね。
そんな時はなるべく化学繊維の衣類を着用しないことです。

下着は綿100%がおすすめです。
たっぷり汗をかいてしまった時には着替えが出来るように予備を用意しておくのも得策です。

制汗剤(特に香りつき)の多用は場合によっては臭いを強くする可能性も。
なるべくワキの下の汗がこもらないようにこまめに汗を拭き取ったり、汗ワキパットを使用する場合には数時間おきに交換するなどします。

臭い発生サインは「ベタつき」です

ワキの下の臭いが強くなる前徴として、
「ワキの下がベタつく」ということがあります。

アポクリン腺の汗は脂質やたんぱく質などを含む汗。
分泌された汗はやや粘り気があります。

このアポクリン腺からの汗の分泌が増えるとおのずとワキの下にベタつきを感じるようになります。
これを感じたら、速やかにワキの汗を拭き取ります。

おすすめは
何度か塗らしたハンカチで拭った後に、しっかりと乾燥させることです。

しかし、一旦ワキ汗が気になると、その精神的ストレスからワキ汗が出続けるということも。
この場合には乾燥が難しくなります。

そんな時には、上記にある汗を封じ込めてしまうパッドなどが効果的です。
それを使っているという安心感から、また少しずつワキの汗が引いていくという効果もあります。

アポクリン腺からの汗は温度条件よりもメンタルの影響を受けやすいと言われています。
積極的に制汗、防臭対策を行うことは、精神的な不安感を減少させるため、結果的にアポクリン腺からの汗の分泌を減らしてくれます。

高機能なデオドラント剤を使うというのは、防臭効果が高いだけではなく、精神的負担を減らす上でも役立ってくれるということですね。

私が実際に使って効果を感じた高機能デオドラントスプレーをまとめました。
ワキガのタイプ別に選ぶ効果的なデオドラント5選


一番大切なのは、臭いへの不安をわすれるということなのかもしれませんね。


HOMEに戻る