○この記事は約3分で読めます。

ワキガ臭対策のファーストステップは「洗浄」です。
きちんと洗えていなければ、皮脂や垢が残り、それが雑菌のエサになります。
結果、雑菌は増え、アポクリン腺から分泌される汗をどんどん分解し、臭い物質が大放出。
こうならないためにも、まずはきちんとワキの下を洗浄する必要があります。

ワキガ臭を徹底的に落とす!入浴法

暑い時期、湯船に浸かるのが面倒でついついシャワーで済ませてしまう・・・ということはありませんか?

ですが実はシャワーで済ませる入浴法はあまりおすすめできません。
なぜならシャワーだけだと、毛穴の汚れが落ちきらずに結果的に「雑菌のエサ」を残してしまう可能性があるからです。

さらに、シャワーだけって、なかなか汗をかくまでに至りません。
でも、ワキガ臭を抑える上で、汗をかくって実はとても重要です。
汗が流れ出るまでしっかりと湯船に浸かることで、毛穴の中に詰まった汚れを汗と一緒に排出してくれます。
汗をかく習慣をつけることは毛穴が常に掃除され、雑菌のエサを溜め込まないということに繋がります。
結果臭いも減らせるというワケです。

以上のことから、ワキガ対策として、毎日湯船に浸かることをおすすめします。

入浴剤はミョウバン水

入浴剤には「ミョウバン水」を使用します。

>>>ミョウバン水の作り方はこちら
ミョウバン水(原液)50mlを湯船に入れるだけです。

これにより、ミョウバン構成している金属塩が皮膚に付着し、酸性となって皮膚に住む雑菌を殺菌してくれます。
また皮膚の収斂作用もあるので、制汗作用も期待できます。
ついでに金属の持つ酸化還元反応により、万が一臭いの元となるアンモニウム等が発生しても、すぐに臭いを中和し、消臭してくれるのです。
ミョウバン水は入浴剤だけではなく、薄めてスプレーやわきの下パックとして、毎日使える世界最古のデオドラントです。
皮膚刺激も少なく、赤ちゃんの汗疹対策としても愛用されています。

このミョウバン風呂に汗が流れるまでじっくりと浸かります。
湯温は40~41度程度とします。(お好みで調整)

(※10円玉を20枚くらい湯船に入れるとさらに殺菌効果が高まります)
ミョウバン浴も毎日だと飽きてしまうという人には
備長炭1~2Kgを入れた炭風呂(赤外線効果・マイナスイオン)
粗塩を片手一掴み分入れた塩風呂(保温・デトックス)なども効果的です。

ワキの下をモミモミ

湯船に浸かっている間にワキの下をモミモミします。
これは開いた毛穴からさらに老廃物を排出するのを手助けしてくれます。
ただし、強すぎて傷をつけたり、炎症を起こさせてしまうのは逆効果。

気持ちいい~くらいの優しいタッチでワキの下をモミモミしましょう。
目安としては片側2分くらいです。

洗浄はワキの下から

いよいよ体を洗う段階になりました。

あなたは普段何をお使いですか?
ボディタオル、ブラシ、スポンジなどでしょうか?

しかし、ワキガ対策におすすめの洗浄グッズは「手」です。

デオドラント効果のある石鹸をしっかり泡立てます。
この時には泡立て専用のネットやスポンジを使うと早いです。
こっくりとクリームのように泡だったらそれをたっぷりとワキの下へ塗ります。
パックをするイメージです。

ワキの下はこのまま放置して、あとは体を洗いましょう。
臭いが気になる場所以外は、これまで通りお好きなソープ、洗浄グッズを使っていただいてOKです。

目安としては3分くらいはワキの下をパックする感じです。

洗い流す時のコツ

ワキの下は泡を落とす前に軽くモミモミしてから洗い流します。
完全に洗浄成分を洗い流すように心がけましょう。

それ以外の場所も同様にしっかりと洗い流します。

全身の泡を落としたらワキの下をハンドタオルのようなもので水分を拭き取ります。

そして手の水分もしっかりと拭き取り、ワキの下に「手の甲」を数回擦り付けます。
それから臭いを嗅いでみて、全くワキガ臭がしなければ、洗浄成功です。

お風呂から出たらすぐにすること

お風呂から出たらすぐにワキの下の水分を完全に拭き取り、デオドラントクリームやミョウバン水スプレーをします。
ミョウバン水スプレーの場合には、完全に乾くまで服は着ません。

使ったタオルはすぐに干す

使ったバスタオルはすぐに洗濯する以外は必ず干します。
使ったバスタオルを濡れた状態で長く放置すると雑菌が繁殖します。
いわゆる雑巾臭を発生させるモラクセラ菌です。
これはその後洗濯をしても完全に落ちきらない場合があります。

せっかく丁寧に体を洗っても、タオルに雑菌がたくさんくっついていては意味がありません。
タオル類に限らず、身に着けるものは長く湿った状態で置かないようにします。

毎日の入浴に取り入れ、臭いの元を減らしていきましょう!

まとめ

洗浄はワキガ臭を抑えるために大切なステップ

わきの下の洗浄はその後のデオドラント剤を効果的に生かすためにとても大切なステップ。
その洗浄についてまとめます。

  • しっかり汗が流れるまで湯船に浸かる
  • 入浴剤にはミョウバン水がおすすめ
  • 入浴中はわきの下をモミモミし、老廃物の排出を助ける
  • 洗浄はわきの下の泡パックから開始
  • 泡を洗い流す前にわきの下をモミモミする
  • デオドラント石鹸を使用する
  • 洗浄成分は完全に洗い流す
  • 水気を拭き取ったわきの下を手の甲で数回擦って臭いがなければ洗浄完了
  • 入浴後はしっかりとわきの下の水分を拭き取り、デオドラント剤を塗布する


ワキガにぴったりの入浴法とデオドラント石鹸で、より効果的にワキガ臭を抑えていきましょう。

デオドラント石鹸へのリンク画像

HOMEに戻る